事業承継の平均年齢は67~70歳!事業承継のタイミングを逃さない ...

家族経営での事業承継は経営者が引退を決断した段階でスタートすることが多いようです。
ただし、経営者の方も経歴は千差万別で、自身の性格や考え方も違うので、タイプが異なります。
そして、引き際の対応もタイプによって違いがあるようです。
今回は、経営者タイプによる引き際の違いを紹介します。

人事評価制度および事業承継のWEBセミナーを毎月開催しております。
興味のある方は、直近のセミナー予約申請を下記URLからお願いします。

 

9月17日 人事評価制度セミナーの予約はこちらをクリック | Cocripo

9月22日 事業承継セミナーの予約はこちらをクリック | Cocripo

 

 

  •  ●後継者を悩ます引退する経営者への対応
  •  ●後継者の悩みを解決する方向性
  •  ●事業を譲る経営者の心構え
  •  ●その他

後継者を悩ます引退する経営者への対応

経営者が事業承継対策をしないうちに亡くなったらどうなるの ...

事業承継を実行したもしくは実行しようとする後継者の悩みの一つとして、引き継ぐ事業の経営者への対応がよく聞かれる。
特に多いのが、事業承継を実行した後も、相談役の域を超えて、結局は経営判断を元の経営者の行い、後継者のやりたいことが何もできないというパターンです。
後継者も未熟な部分もあるので、そばにいてサポートすることは良いことなのですが、あまりにも元の経営者が介入しすぎると、何のために事業承継をしたのか分からなくなります。

引退する経営者のパターンは以下の4つに分類されます。

 

①君主型
在任時は会社の規模を大きくしてきたカリスマタイプの経営者。自身から引退を決断することがなく、社内クーデターもしくは健康不良が起きて解任されない限りは居続けるタイプ。
特に家族経営の創業者に多い。

 

②将軍型
強制的でないと退任しないことは君主型といっしょだが、会社にとってプラスなら引退も自身で決断することがある。ただし、引退後に後継者のやり方がふさわしくないと理由をつけ、結果的にはトップになんやかんやで返り咲きてしまうことが多い。

 

③大使型
最もきれいに引退し、引退後は後継者のサポートに専念し、経営は原則後継者に委任するタイプ。後継者にとっては最もベストなタイプ。

 

④知事型
潔く引退はするが、逆に引退後はまったく会社との関係を断ってしまうタイプ。

 

最も理想は③大使型でしょうが、実際の家族経営の引退するオーナーは、①君主型か②将軍型が多いようです。

 

後継者の悩みを解決する方向性

問題解決の方向性は本質的問題の裏返し【ロジカルシンキング ...

課題解決の方向性は、まずは時間をかけて経営者と後継者で意見交換をじっくり行うことです。
また、後継者も経営者の悩みや葛藤にも理解を示していくことです。
そのためのポイントは、

①できるだけ第三者(コンサルタント等)を交えた意見交換を行い、お互いの意見が極度にぶりかり合わないようにする。
②事業承継計画を作成し、余裕を持った事業承継の準備を行うようにする。
③引退後の経営者のポジションを会社と経営者の双方にとってプラスになるようにする。
④家族経営独特の問題点を現状分析を通して明確にし、経営者と後継者で共有する。

上記4つだけでは十分とはいえませんが、最低限押さえておくべきポイントとなります。

 

事業を譲る経営者の心構え

心構え」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈 | Meaning-Book

経営者の方も、決して事業承継を全否定しているわけでないと思います。
自身が築いてきた事業や会社を守りたい一心で様々な対応をとってしまうのでしょう。
視点としては、会社が継続していけるためのベストを考えたうえで、現状をしかり受け入れることが最初に必要なのだと私は思います。

 

その他

今回、提案書を作成してるクライアント様にも以上のようなことを私自身肝に銘じて提案に臨む所存なのです。
今後、人事評価制度および事業承継のWEBセミナーを毎月開催しております。
下記は直近スケジュールのセミナーです。
興味のある方は、是非セミナーへご予約してください。

 

9月17日 人事評価制度セミナーの予約はこちらをクリック | Cocripo

9月22日 事業承継セミナーの予約はこちらをクリック | Cocripo

 

 

事業承継支援・人事評価制度支援の解説動画も是非ご覧ください。

事業承継の進め方 – YouTube
事業承継計画の作成方法 – YouTube
評価制度の設計・運用のノウハウ – YouTube
賃金制度の設計のノウハウ – YouTube
職種別・評価基準の紹介 – YouTube

 

お電話でのお問い合わせ

Tel.092-957-1681

「WEBサイトを見た」とお伝えください。
各種業者様からの営業電話はお断りしています。

メールフォームでのお問合せ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は、入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力の際はお気をつけください。
また、打ち合わせ中など、電話に出られない場合がございます。番号が通知された不在着信が確認できた場合は、表示された連絡先に折り返しご連絡いたします。ご迷惑をおかけしますが予めご了承ください。

    氏名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文 (任意)