事業承継計画書とは?事業内容を見える化して承継に備えよう ...

事業承継に関しては、将来的な課題と考えている企業・事業者が昨今増えています。
行政もここ数年、事業承継に関する支援も充実してきています。
まだ十分とはいませんが・・・。
今回は事業承継計画の概要説明と共に、経営計画との違いを簡単に説明します。
事業承継計画の作成・運用に関するWEBセミナーも随時開催していますので、興味のある方は是非下記ページをご覧ください。

 

9月22日 事業承継WEBセミナー(ウエビナー)の予約はこちらをクリック | Cocripo

 

 

  •  ●事業承継計画とは
  •  ●経営計画とは
  •  ●事業承継計画と経営計画のシナジー
  •  ●その他

事業承継計画とは

事業承継計画 | 税理士なら京都の新経営サービス清水税理士法人

事業承継計画の定義が明確にある訳ではありませんので、計画内容も会社によって異なると思います。
ざっくり説明させていただくと、現経営者から後継者に事業を引き継ぐ時期やそのための課題改善活動をスケジュール化する内容だと思います。
事業承継に実行するタイミングと共に、株価対策といった相続税対策や残っている借入金の返済および保証等の引継ぎといった資産承継の話が盛り込まれやすいようです。
計画作成後には、税理士との連携が主になる事が多いようです。

 

経営計画とは

第22回 「中期経営計画」の基礎知識③~中期経営計画策定の手法 ...

一方、経営計画も決まった定義がありませんので、企業によって内容に相違があります。
あえて説明させていただくと、経営ビジョンを実現するための戦い方や課題改善をまとめるものだと考えます。
例えば、ターゲット顧客の設定や、提供すべき事業内容の強化、そして組織体制の見直し等が内容として具現化されるものだと言えます。
短期的という面よりも3年から5年といった中期的なスパンを設定しながら、見直しを長期的スパンで繰り返していく運用になっていきます。

 

事業承継計画と経営計画のシナジー

グループシナジー|制御機器、電子機器、IoTプロダクツの専門商社

私自身が導く結論としては、事業承継計画も経営計画の両方を作成し、進捗管理を適切に行うべきです。
2つの計画が重なる部分も多々ありますが、後継者へ事業を承継していきまでの準備は主に『事業承継計画』で明確にし、後継者を中心とした事業強化への取り組みは『経営計画』で明確にすべきだと考えます。
いずれの計画も、現経営者と後継者でしっかり協議・情報共有・すり合わせしながら作成することが重要です。

 

その他

今後、WEBセミナーで毎月、事業承継計画の作成・運用に関するノウハウを公開していきます。
下記は直近スケジュールのセミナーです。
興味のある方は、是非セミナーへご予約してください。

 

9月22日 事業承継WEBセミナー(ウエビナー)の予約はこちらをクリック | Cocripo

 

事業承継支援・人事評価制度支援の解説動画も是非ご覧ください。

事業承継の進め方 – YouTube
事業承継計画の作成方法 – YouTube
評価制度の設計・運用のノウハウ – YouTube
賃金制度の設計のノウハウ – YouTube
職種別・評価基準の紹介 – YouTube

 

お電話でのお問い合わせ

Tel.092-957-1681

「WEBサイトを見た」とお伝えください。
各種業者様からの営業電話はお断りしています。

メールフォームでのお問合せ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は、入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力の際はお気をつけください。
また、打ち合わせ中など、電話に出られない場合がございます。番号が通知された不在着信が確認できた場合は、表示された連絡先に折り返しご連絡いたします。ご迷惑をおかけしますが予めご了承ください。

    氏名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文 (任意)