図解】人事評価制度とは? 導入方法、成功事例、廃止事例など ...

当事務所では、人事評価制度の設計・運用のサポートをメイン事業として、これまで100社以上の企業様への関わってきました。
人が関係する人事の分野は一筋縄でいかないことが度々起こります。
人事評価制度もそういった場面によく遭遇します。
ただし、人事評価制度の特徴や効果を十分に把握しておけば得られるメリットが大きいと言えます。
人事評価制度のWEBセミナーも随時開催していますので、興味のある方は是非下記ページをご覧ください。

 

9月17日 人事評価制度セミナーの予約はこちらをクリック | Cocripo

 

 

  •  ●評価制度による現状認識
  •  ●成長に向けたギャップにヒントがある
  •  ●よくある評価制度の悩み
  •  ●その他

評価制度による現状認識

評価制度は評価期間という指定された過去を振り返り現状の課題や成果を見えるかする仕組みです。
本来は、その現状を的確に分析し、頑張りに応じて昇給額や賞与金額を明確にすることにつなげていきます。
ただし、賃金が絡むとモチベーションの影響や法律的な問題もあり、ある程度の調整が図られることが多い状況です。
賃金等の処遇はいったん外しておいて、各社員が今後の成長に向けて何を目標に掲げるべきかを評価結果を通して明確にしていくべきです。
そのために、評価制度を有効活用することが成功への道しるべとなります。

 

成長に向けたギャップにヒントがある

Workdayならではの統合プラットフォームが個人にも組織にも成長 ...

会社も個人も成長に向けて必要なことは、到達すべき目標を明確にすることです。
数値化やそのときのビジョンをはっきりさせることがポイントになります。
ただし、いくら目標が明確になっても、達成に向けた課題も明確にすることは同時に必要となります。
その時のポイントは、現状と目標のギャップがどれくらいあるのかを各課題に応じてしっかり把握することです。
評価制度はそのギャップを明確にするために効果を発揮するツールとなります。

よくある評価制度の悩み

人はどんな悩みや不安を抱えて生きているのか - シニアガイド

評価制度の無料分析を過去に200件近く実施してきた。
その中で、よく聞かれることが評価者が部下の賃金減給や大幅な上昇を気にしすぎて適切な評価ができていない、といったことです。
私は、場合によっては評価制度と賃金制度を完全につなげないことも一つの方法と考えています。
評価の運用ルールは各会社の状況に応じて柔軟に設定することをお勧めします。

その他

今後、WEBセミナーで毎月評価制度の設計・運用のノウハウを公開していきます。
下記は直近スケジュールのセミナーです。
興味のある方は、是非セミナーへご予約してください。

 

9月17日 人事評価制度セミナーの予約はこちらをクリック | Cocripo

 

 

事業承継支援・人事評価制度支援の解説動画も是非ご覧ください。

事業承継の進め方 – YouTube
事業承継計画の作成方法 – YouTube
評価制度の設計・運用のノウハウ – YouTube
賃金制度の設計のノウハウ – YouTube
職種別・評価基準の紹介 – YouTube

 

お電話でのお問い合わせ

Tel.092-957-1681

「WEBサイトを見た」とお伝えください。
各種業者様からの営業電話はお断りしています。

メールフォームでのお問合せ

お問い合わせに際して

メールフォームからお問い合わせいただいた際は、入力された連絡先に折り返しご連絡いたします。
内容に誤りがあるとこちらからご連絡できかねますので、入力の際はお気をつけください。
また、打ち合わせ中など、電話に出られない場合がございます。番号が通知された不在着信が確認できた場合は、表示された連絡先に折り返しご連絡いたします。ご迷惑をおかけしますが予めご了承ください。

    氏名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)

    メッセージ本文 (任意)